新しい筋トレ・ダイエット食「フェイクミート(大豆ミート)」

食事

今回は今世界で話題になりつつあるフェイクミート(大豆ミート)についてお話しします。

この記事を読むと以下のことがわかります。

・大豆ミートが何なのか理解できる
・大豆ミートを使ったダイエットが実践できる
・大豆ミートが今後日本人の生活にどう絡んでくるかわかる

今後あなたの人生に必ず関わってくる食べ物になると思うので、最後まで読んで損はないです!

それではいきましょう!

大豆ミートとは何か?

まずは大豆ミートが何なのか説明します。

フェイクミートとも呼ばれているのですが、文字通り「偽物の肉」ということです。

つまり、大豆ミートとは大豆から作られている「肉のようなもの」になります。

大豆を上手く加工して肉の食感を再現しているんです!技術の進歩すごい!

そのようなものがつくられた背景には元々肉が食べられない方の存在があります。

いわゆる「ヴィーガン」の方向けに開発された背景があるんですね。

ですが、こちらの大豆ミート、ヴィーガンでなくても食べるべきなんです!

結論から言うと大豆ミートはダイエットや筋トレにも有効と言えます。

ということで、次の章では大豆ミートの魅力・特徴について紹介します!

大豆ミートがなぜダイエットに有効なのか

まず減量の大豆についてですが、日本人にはなじみの食材ですよね。

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどタンパク質豊富な食材になります。

そういう意味でも肉に近い食材になるのです。

ですが、まさかの肉よりも優秀という話が出てきたのです。

具体的には、脂質と食物繊維については大豆ミートの方が優秀だったんです!

まずはこちらの商品を見てみてください。

ダイズラボ 大豆のお肉(大豆ミート) ミンチタイプ 乾燥(100g)【d8y】【マルコメ ダイズラボ】

例えば、こちらの商品では1食あたりタンパク質14g、脂質0.7g、食物繊維4.1gとなっています。

タンパク質が豊富に入っている他、低脂質かつ高食物繊維になっています!

ちなみにこの商品は僕もよく購入します。価格も安いです。

通常のお肉ですと、どうしても脂質は多くなってきます。

痩せたいもしくは効率良く筋肉をつけたい場合、脂質を摂ってしまうことは弊害になります。

脂質の摂取はなるべく避けたいので、そういう意味で大豆ミートはほとんど脂質を摂らずに済みます。

大豆は野菜なんでそりゃそうですよね。

もちろん肉と違ってコレステロールも少ないので、健康にも良いです。

また、高食物繊維というのもダイエットに良いポイントですよね。

肉には基本食物繊維は入っていないので、ここは大きなポイントになるのではないでしょうか。

食物繊維は身体の中で糖質の吸収を穏やかにしてくれる働きをもっています。

そのため、糖質が一気に吸収され脂肪になってしまうことを防いでくれるのです!

つまり大豆ミートを肉の代わりに取り入れれば、脂肪をつけずに効率よく筋肉を付けたりダイエットを進めることができる訳です!

肝心の味はどうか→タイプと味付け次第

「栄養素はわかったが肝心の味はどうなのか?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

味が重要と思う気持ち、わかります。

僕も最初に手に取った時は「本当に肉みたいな味がするのか?」と疑ってました。

とりあえず何でも挑戦してみるタイプなので、買いましたが。笑

そこでここからは実際に僕が食べてみて思った感想をお伝えします!

結論を言うと、現段階では味の良し悪しは大豆ミートのタイプによるというのが僕の感想です。

どういうことかというと、大豆ミートにはミンチやフィレなどの様々なタイプが存在するんですね。

ダイズラボ 大豆のお肉(大豆ミート) フィレタイプ 乾燥(90g)【d8y】【マルコメ ダイズラボ】

こちらは先ほど紹介したものと比較して、フィレという名前の通り「ひとつがかなり大きくなっている形状」の商品になります。

ていうか、元はどちらも大豆なのにここまで肉に寄せることができるのは本当にすごいですよね。

このように様々なタイプの形状があるのですが、ミンチタイプは粒状なので大豆の風味や触感の微妙な違和感がわかりにくい状態になっています。

フィレのタイプになると体積が大きくなる分、大豆の風味や触感の違いがわかります。

フィレタイプはそのまま食べたら正直別の食べ物という感じですね…笑

そのため、初心者はフィレよりはミンチの方がオススメです(僕はフィレも慣れましたのでどちらも食べています)。

また、味付けは大豆風味をごまかすために濃いめがオススメです。

個人的にはミンチタイプを使ったマーボー茄子なんかはオススメです。

味付けを濃くすれば、全然大豆ミート使っているか分からないです。

その他、カレーや肉みそに使ってもおいしいです!(味が濃いものですね)

マーボー茄子やカレーなんかは通常はダイエットにあまりオススメできるメニューではありません。

ですが、大豆ミートを使えばヘルシーでダイエット中でも食べれますよね(しかも味が変わらないんだから最高です)。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本来は肉を似せてつくられたものでしたが、結果的に肉よりも優秀なポテンシャルがありました。

また、乾燥状態で長期保存できるものもあるなど他にも良い点がまだまだあります。

また、アメリカではすでに注目食材としてスーパーに並べてあります。

日本でもスーパーで並べられるのも時間の問題ですね。

その他最近は焼き肉屋さんにも大豆ミートのカルビ肉などが置かれているそうです。

近い未来に人口が増えて食料危機になるとの話もありますが、大豆ミートが肉の代わりに使われる日もあるかもしれません。

食べたことのない方は是非メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました